Center's Catalogue

Nissay Theatre Program

Deutsche Opera Berlin 〔1966〕

Type Booklet
Item ID K40201_001
Series Nissay Theatre Program No.33
Published byNissay Theatre
Published atTokyo, Japan
Publication Date1966/10/16
Contents
  • Message
      Gustav Rudolf Sellner. p. 8.
  • Message
      Masuichi Midoro. p. 11.
  • Message
      Noboru Goto. p. 11.
  • 『ベルリン・ドイツ・オペラ』第2回東京シーズンに寄せる
      Hidekazu Yoshida. pp. 14–15.
  • 日本のオペラ・ファンのみな様へ――このたびの5作品について――
      Gustav Rudolf Sellner. pp. 16–17.
  • 「魔笛」の底にあるもの
      Ryosuke Hatanaka. p. 20.
  • 「椿姫」の作曲をめぐって
      Nobuo Fukuhara. pp. 23–24.
  • 「さまよえるオランダ人」解説
      Mamoru Watanabe. pp. 26–27.
  • 「後宮よりの逃走」解説
      Shigeo Kimura. pp. 30–31.
  • Henzeの“Elegie”をめぐって
      Minao Shibata. p. 34.
  • 三人の指揮者=マゼール、ヨッフム、ヘンツェ
      Yoichiro Omachi. pp. 56–57.
  • 私の劇場音楽
      Hans Werner Henze. pp. 58–60.
  • 上演曲目のディスコグラフィ
      Yasuo Takasaki. pp. 61–62.
  • 前回のベルリン・ドイツ・オペラの感激
      Juichi Miyazawa. pp. 63–65.
  • オペラ随想 ドイツのオペラ事情
      Koichi Nomura. p. 88.
  • オペラ随想 再び戦慄の笞に
      Shintaro Ishihara. pp. 88–89.
  • オペラ随想 ドイツ・オペラ讃
      Eitaro Ozawa. p. 89.
  • オペラ随想 ドイツ歌劇と私
      Jun Eto. p. 90.
  • オペラ随想 ゼルナーと語る喜び
      Keita Asari. pp. 90–91.
  • オペラ随想 ベルリンできいた「椿姫」
      Keisei Sakka. p. 91.
  • 舞台装置からみた今回のベルリン・ドイツ・オペラ
      Sumio Yoshii. pp. 92–93.
Remarks 欧文によるスタッフ・キャスト表あり
Related Production
Saved in