所蔵資料

ウィーン国立歌劇場2008年日本公演

資料種別 プログラム
整理記号 G60401_003
発行者(財)日本舞台芸術振興会
出版地東京, 日本
発行年(月日)2008/10/21
内容細目
  • 主催者ごあいさつ
      宮﨑勇著. p. 12.
  • 主催者ごあいさつ
      喜多恒雄著. p. 13.
  • メッセージ
      イオアン・ホーレンダー著. p. 17.
  • 主催者ごあいさつ
      佐々木忠次著. p. 24.
  • 原作 いつ悲劇に転落しても不思議ではない喜劇 モーツァルト=ダ・ポンテの『コシ・ファン・トゥッテ』の正体
      岡田暁生著. pp. 46–47.
  • 演出 音楽と演出の幸福な結びつき ムーティとデ・シモーネの『コシ・ファン・トゥッテ』
      岡本稔著. pp. 52–53.
  • リッカルド・ムーティ インタビュー『コシ・ファン・トゥッテ』を語る
      リッカルド・ムーティ著, 田口道子インタビュアー. pp. 56–57.
  • 音楽 「『フィデリオ』は、私の子供たちの中でも、最も産みの苦しみを味わった作品である」と、ベートーヴェンは語った
      横原千史著. pp. 74–75.
  • 演出 格式高き『フィデリオ』、ウィーンにおいてはさらに特別に
      山崎睦著. pp. 76–77.
  • ウィーン国立歌劇場と小澤征爾
      佐々木喜久著. pp. 80–81.
  • 音楽 歌劇『ロベルト・デヴェリュー』について
      岸純信著. pp. 98–99.
  • 『ロベルト・デヴェリュー』とグルベローヴァ
      岡本稔著. pp. 102–103.
  • エディタ・グルベローヴァ インタビュー 『ロベルト・デヴェリュー』とベルカント・オペラを語る
      エディタ・グルベローヴァ著. pp. 104–105.
  • 「ホーレンダー総監督のウィーン統治18年間」
      山崎睦著. pp. 118–121.
備考 欧文によるスタッフ・キャスト表、あらすじあり
関連公演
保存先