所蔵資料

1994年ウィーン国立歌劇場日本公演

資料種別 プログラム
整理記号 G60301_002
発行者(財)日本舞台芸術振興会
発行年(月日)1994/09/16
内容細目
  • メッセージ
      樋口廣太郎著. p. 12.
  • メッセージ
      澄田智著. p. 13.
  • メッセージ
      中江利忠著. p. 13.
  • メッセージ
      ゲオルク・シュプリンガー著. p. 15.
  • インタヴュー:ジョナサン・ミラーが語る『フィガロの結婚』 このオペラは人間の四季を描いたものだ。
      ジョナサン・ミラー著, 前田浩次インタビュアー. pp. 40–41.
  • 「フィガロそして永遠にフィガロ」 ウィーンで人気のあるオペラ
      ゴットフリート・クラウス著. pp. 42–43.
  • 芝居とオペラの狭間に見る「演出の時代」の『フィガロの結婚』
      江原吉博著. pp. 44–45.
  • オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』の魅力、史実に照らして
      御子柴道夫寺倉正太郎対談. pp. 60–63.
  • わが『ボリス・ゴドゥノフ』
      伊東一郎著. pp. 64–65.
  • 『ばらの騎士』のタイトル
      井上修一著. pp. 80–82.
  • 忘れてしまうのが幸せ。だって、もう変えようがないんだから。
      村山雅人著. pp. 100–102.
  • 宮廷歌劇場における『こうもり』上演
      ラルフ・ツィーアマン著. pp. 103–105.
  • 指揮者のオペラ
      堀内修著. pp. 110–112.
  • ウィーン国立歌劇場の現状と将来 ホーレンダー総支配人の周辺
      山崎睦著. pp. 113–115.
  • 働きませう
      丸谷才一著. pp. 120–121.
  • オペラ、「生き物」としての魅力
      筑紫哲也著. pp. 122–123.
  • オペラ賞味期限
      天野祐吉著. pp. 124–125.
  • 佐々木忠次に聞く ウィーン・オペラをめぐって
      佐々木忠次著. pp. 148–150.
備考 欧文によるスタッフ・キャスト表、あらすじあり
関連公演
保存先